気ままにGO♪GO♪

いろーんな体験談を載せちゃいます!いろーんなことに興味シンシンです☆

スキンケアとアイシャドウ

4年ほど前の3月末ごろ、なんとなく顔がチリチリかゆい。基礎化粧品を変えてないし、紫外線なのか乾燥なのか原因がわからないけど、とりあえずUV対策やら保湿を一生懸命してみた。そのうち治まるかと思ったら、赤い湿疹が出始めて顔がボコボコしてきてかゆいししみるし、これはフェイシャルエステサロン体験では解決できそうにないと思い、我慢できずに皮膚クリニックへ。

診てもらったら花粉症でしょう、と言われ軽いステロイド入りの軟膏が処方された。今までの化粧水と乳液もしみるので、アルコール分の入っていないお試しサイズの保湿のみの化粧水と乳液を購入し、夜その化粧水と乳液、ステロイドを塗って寝た。ステロイドは少々怖いと思いつつもかゆみが我慢できないので、うっすら程度。

次の日、かゆみはだいぶ引いて湿疹も少し減った感じ。お試しサイズの基礎化粧品もしみなかったし、相性も悪くなさそうなので症状が軽くなるまで3~4日薬を塗り、赤みもボコボコもほぼ減ってきたころ、いつもの基礎化粧品に変えた。そしたら1週間もしないうちにまたチリチリしてきた!

昔、化粧品カウンターで肌が、敏感な時は攻めのスキンケアはしないで、保湿して自然にバリア機能が戻るのをすこし待ってあげてください、と言われたことがある。いつもの基礎化粧品は美白と保湿をしてくれるもの。もしかしたら、今の私の顔には「美白」は攻めのスキンケアかも知れない、と思いかゆみが治まってもしばらくお試しサイズがなくなるまで続けた。

5月初めくらいまで続けて、お試しサイズがなくなるタイミングもあったのでもとの基礎化粧品に戻してみるとかゆみがでないのでそのまま続行…そしてまた春限定の顔のかゆみが毎年おこる。

花粉症といってもスギ・ヒノキなどあるが、顔のかゆみの出る時期からしてヒノキが濃厚らしい。ヒノキは肌かぶれをおこしやすく、抗ヒスタミン剤などの内服薬を飲んでもさほど効果がないらしい。肌は塗り薬を短期で使い、出かけるときは刺激の少ないスキンケアやメイク、マスクをしたほうがいいとのこと。

春になると花粉、紫外線など肌に刺激になりえるものはいっぱい。この時期は肌をいじめない守りのスキンケアがわたし流です。

ところで、今までアイシャドーの色は無難なベージュ系しか買わないし使っていなかったんです。
いつも同じお化粧ばかりだったのが何年も続いていたので、気分を一新するために淡いパープルのアイシャドーを買ってみました。

ベージュ以外の色を付けるのって本当に何年ぶり?と言う感じだったので、実際つけた時の感想は「結構いいじゃない」でした。
自分で言うのもなんですが、ベージュのアイシャドーの顔に慣れてしまっていたのでとっても新鮮に感じられたんです。

少し若く見えるし、色気も出てるような気さえしました。
安いアイシャドーもあるのでもっと色々なカラーを試して行きたいと思っています。
最近お化粧が楽しくなってきました。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.